ワーホリの渡航先、パースとメルボルンを比較してみた

こんにちは。メルボルンからワーホリ情報を発信するtakumiko@kangaroo_days )です。

今回はパースとメルボルンをワーホリ目線で比較してみたいと思います。

私はオーストラリアに渡航する前、渡航先をメルボルンかパースで迷いました。

アートな街もいいけど、せっかくオーストラリアに行くんだから田舎でちょっとゆっくりしたい気分も。。と悩みました。

結果、最初の1年半をパースで過ごし、途中でメルボルンに移住して、もう今は半年くらい住んでいます。

メルボルンはワーホリ人口も多いので情報もたくさん出ているのですが、パースはワーホリブログなども少ないので、全然ワーホリのイメージができませんでした。

正直にいうと、私がこの記事読みたかった!!!笑

結果的にいうと、私は断然パースでの暮らしが好きなのですが、あくまでこれは比較記事なのでできるだけ客観性を保つように努めます。(がんばります)

この記事では基本情報仕事の3つのカテゴリーで比較してみました。

基本的には各都市の市街地を中心に生活することを前提としています。(一口にパース・メルボルンといっても、どこで生活をするかによって雰囲気は全然違ってくるので)

これからオーストラリアに行くという人だけではなく、「メルボルン→パース」または「パース→メルボルン」の移動を検討中の方にもぜひ参考にしてみてください。

以下に続く比較はあくまでメルボルンとパースの2都市でのワーホリ生活を比べたものです。そして、できるだけ一般化した話をしますが、あくまで一個人の体験を元にしていることを忘れずにお読み下さい。

基本情報

地理・街の雰囲気

まずは念のため、パースとメルボルンの位置を把握します。

パースはオーストラリアの西海岸に位置し、街の特徴としては人口が少なく(人口230万人)、都市部がかなりコンパクトです。

高層ビルなど近代的なものもありますが、メインとなるストリートは2本ぐらいしかないく、全体に地方都市感が強いです。穏やかで分のんびりしています。

周辺の近い観光地としては、フリーマントルという港町(私はここに住んでいました)、ロットネスト島(クオッカというピカチューみたいな生き物で有名)、スカロボビーチなどがあります。泳げるビーチが近く、ビーチからインド洋に沈む夕日を眺めたりなんてこともできます。

少し離れた場所には、ロッキングハム(イルカと泳げる)、スワンバリー・マーガレットリバー(ワイナリーで有名)、ピナクルズ(火星のような奇岩群地帯)、ランスリン砂漠、ウエーブロック(アメリカのthe waveみたいな岩)。またアウトドアが楽しめるできるナショナルパークなどがあります。

西オーストラリアには、北に行けばシャークベイ(イルカやジュゴンの生息地)、エクスマウス(ジンベイザメと泳げる)、ブルーム(ラクダにのって浜辺を歩くシーンが有名)、カリジニ(壮大な渓谷)、南にはエスペランス(ピンクレイクで有名)など美しくユニークな自然があります。

が、いかんせん、遠い。飛行機も出てますがお値段がすると言う印象です。

のんびりした雰囲気が心地いいですが、都市部が小さいのでショッピングやお食事などの街遊びがあまり充実していないのと、周りの観光地が全体的に遠いのがネック。

個人的には車を持っていた方が楽しめるかなと思います。

メルボルンは反対側の東海岸で、オーストラリア随一の大都市です。人口は450万人とも呼ばれ、人口密度としてはオーストラリアNo.1だそうです。*1

街自体も大きく、経済地区であるCBD内ではトラムで移動したりします(歩いてでもいけますが、結構遠い)。CBD外にも栄えている街が多く、全体的に都市の規模が大きいです。

コーヒーやアートで有名なように、街では文化的な活動が盛んで、週末にはイベントなどもよく開催され、賑わっています。

メルボルンCBD自体も歩いていて楽しいのですが、電車やバスで行ける範囲内に、セント・キルダビーチ、Brunswick・Fitzroy(おしゃれなカフェや古着屋さんで有名)、少し遠出してGeelong・Ballat・Bendigo(ゴールドッシュ時代に栄えた街、ヨーロピアンな可愛い街並み)などがあります。

車を使えば、グレートオーシャンロードやフィリップスアイランド(野生動物で有名)、グランピアンズ国立公園やアルパイン国立公園など見所の多い自然へアクセスできます。

また東海岸は多くな都市が多いので、シドニー、キャンベラ、ブリスベン、タスマニア、アデレードなどへのアクセスが良いです。ニュージーランドも比較的近いです。

街全体として都市としても、自然という側面でも見所が多いのでお出かけするのが楽しいですが、パースと比べてどこも人で溢れかえっているのがちょっと残念です。

気候

メルボルンの方が少し下かなぐらいで、緯度にはあまり違いは無いように見えますが、気候は結構違います

パースの気候

  • 夏は晴天日が続く
  • 冬は雨が多い
  • 冬は以外と寒い

メルボルンの気候

  • 比較的四季がある
  • 冬が長く以外と寒い
  • 雨が多い
  • 1日の中で寒暖差が激しい

パース↓

メルボルン↓

全体的にはメルボルンの方がパースより寒めです。冬もメルボルンの方が長いように感じられます。

パースは、晴れのときは気持ちいくらいピカーンと晴れ渡り、冬に当たる5、6、7月は比較的多く雨が降ります。パースの雨は結構しっかり降る印象です。

メルボルンは1日の中に四季があると云われるくらい1日の温度差が激しく、1日の中で寒暖差が20度を超えることも。朝はコートを着込んで昼間はTシャツで過ごす、ということはよくあります。また、小雨が降る日が多く、1日の中で晴れたり曇ったり雨が降ったり、と天気がめぐるましく変わります。

上は月の平均気温でしたが、こちらは、月の一番暑い日、寒い日に注目した表です。

パース↓

メルボルン↓

パースもメルボルンも、一年を通して過ごしやすい環境ではありますが、ときどき驚くほど暑く/寒くなることがあります。

両都市とも夏には40度を超える猛暑日があり、暑い日は45〜47ぐらいを記録することも。乾燥しているおかげで、蒸し蒸しする感じはあまりなく、猛暑といっても過ごしやすいですが、やはり昼間に太陽の下に出ると肌でジリジリと暑さを感じます。

オーストラリアといえば暖かいイメージがありますが、両都市とも冬は結構気温が下がります。特に、メルボルンは朝の冷え込みが激しいので、冬の滞在にはダウンコート等の防寒具を用意することをオススメします。

(上の情報はオーストラリアの天気サイトWeatherzoneから拝借しました)

どんな人が多い?

これはざっくりとした印象ですが、

パース→のんびりとした田舎暮らしが好き

メルボルン→リア充重視なシティーライフが好き

順に説明していきます。

パースは前述した通り、かなり田舎な雰囲気が漂っています。

CBDは小さく、ショッピングやカフェなどを楽しめる場所は限られています。目新しいものはあまり入ってこないので、シティーライフを楽しむという上では不向きです。(もちろん、ある程度のお店はありますが)

逆に、そういったエンターテイメントに重きをおかないので、どちらかというとセカセカと効率ばかり求めずに家族や友人との時間を大切にする、スローライフを求めている人が多い印象があります。

顕著だと思ったのは、スーパーが土日だと5時に閉まるところが多いんですが、誰も表立って不満を言わないところです。

もちろん、不満を言ったってどうしようもないのですが(笑)、不便かもしれないけれどスーパーは5時に閉まるもの、利便性を求めるよりも、土日くらいは働かずみんなでゆっくりしようという雰囲気があります。

私が出会ったワーホリの方にもそういった人が多く、ガツガツするよりは、「オーストラリアまで来たんだもん、ちょっとくらいゆっくりしたいよね〜」とその日その日を大事に過ごす人が多かったです。

メルボルンはやはり大都市だけあってモノの数も多いし、動きも激しい。街にはカフェやレストラン、ショップが立ち並び、入れ替えも激しいです。

美術館やギャラリーも多く、また、連日いろいろなイベントが開催されているので、外から入ってくる刺激も強い。

メルボルンにもビーチや落ち着いたカフェがたくさんあるのでゆったり過ごす感じもありますが、やはり新しいものや文化的な活動を好む人が多いので、毎日を何かで充実させたい人が多い印象があります。

メルボルンで出会ったワーホリの方にも自然派よりは都市派な人が多く、出かけ方としては芝生の上でゴロンと過ごすよりは、カフェ巡りをしたり、美味しいご飯を食べに行ったりするのが好きな人が多いんじゃないかと思います。

また、パースと比べると人口密度がかなり高く、大都市ならではのセカセカとした雰囲気もあります。人口増加にインフラが追いついていないので、満員電車、渋滞は日常茶飯事で、イライラした人も少なくありません。(特に車を運転しているとよくわかります)

日本で東京などの都市部に住んでいる人からすれば屁でもないかもしれませんが、人混みが嫌いな人だと疲れてしまうかもしれません。

また、人と出会うという話では、

メルボルンでは留学生やワーホリの人数も多いのでミートアップなどの友達を作る機会も盛んで、人と繋がりやすい環境です。

対してパースではそういった人と気軽に出会う機会が比較的少ないように感じます。(もちろん自分で動けば問題ありませんが)

仕事

最後にお仕事の話をしましょう。

ワーホリは渡航先でお金を稼いで生計を立てることを前提にやってくる人が多いので、気になる方も多いと思います。

ここではワーホリの多くが探すであろう、ウェイトレスやクリーナーなどのホスピタリティー系の仕事について比較してみます。

メルボルン

  • 仕事の数が多い
  • 競争率が高い
  • 最低賃金を守らないところも。。

パース

  • 競争率が低い
  • 最低賃金を守るお店が比較的多い

わかりやすいのでメルボルンから説明すると、

メルボルンは人が多いので圧倒的に仕事の数が多いです。求人掲示板を見ていても閲覧が追いつかないくらい、どんどん更新されています。

そして同じようにリクルーターも多いです。つまり競争率が高い。総体数が多いので、雇用の場ではどうしても店側が従業員を選ぶという傾向が強くなってしまいます。

その悪影響として低賃金で雇用しようとするお店が後を経たないのは事実。悲しいですが、英語の拙い外国人は悪い雇用者に利用されやすいです。

パースでは仕事の数は少ないですが、仕事を探している人数も少ないので、競争率は比較的低いと思います。

パースにも最低賃金を守っていない職場はいくつか見かけましたが、メルボルンほど価格崩壊は起こっていませんでした。

ただ、前述した通りお店自体が少ないので、特に冬の時期など業界がオフシーズンに渡航する場合は気をつけたほうがいいと思います。

おわりに

以上をざっくりまとめると、

メルボルン向けの人

  • ある程度都会が好き
  • ソーシャルに動きたい

パース向きの人

  • 田舎が好き
  • のんびりしたい
  • ちょっと不便でも大丈夫

という傾向があると言えます。

ということで、メルボルンに住んではいますが、人混みが嫌いで、田舎でのんびり暮らしたい私はパースのほうが好きだなと思っています。

ただ、もう一度念押しすると、都市の感じ方はその人のバックグラウンドや、都市の中でもどの側面をみるか、などが強く影響します。

これは私一個人の体験をもとにしていることを忘れずに参考にしてみてくださいね。

パースとメルボルンを従業員として比較

こんにちは!Takumikoです。メルボルンからカンガルーデイズのコンテンツを送っているTakumikoと申します。今はこちらに住んでいますが、以前はパースでも働いていました。私は引っ越しをする前に、両方の場所の良いところと悪いところを考えて、最終的に移住しました。つまり、私は両者を比較して、個人的にどちらの方が快適かをお伝えする資格があります この記事の内容は以下のような話をします。

  1. 基本情報 – 各都市の地理や気候などの一般的な情報を提供します。
  2. 人口 – 各都市で出会う人々のタイプ
  3. 仕事 – 仕事の機会、競争、賃金の両方をカバーします。
  4. 結論 – アイデアを要約するので、あなたが好む場合はここをスキップします。

免責事項

ここで取り上げられているポイントはすべて私の視点で書かれています。私には私の好みや偏見がありますが、それはあなたと同じではないかもしれません。私は両都市のあらゆる側面を「間違った方法で」経験してきたかもしれませんが、それは単に私の期待が違うからかもしれません。私が物事や出来事をそのように表現する理由は、おそらく私の背景にあると思われます。あなたはこれらのことを違った方法で経験することができ、その結果、私ができなかったことを楽しむことができます。

私は結論を除いて、他のすべてのことについて、できるだけ公平であろうとしました。他の人々は、私がしたよりも異なる状況を解釈している可能性があります。本当にパースかメルボルンのどちらかに住みたいと思っている方は、他のブロガーさんを探して、私の見解と彼らの見解を比較してみてください。

基本情報

地理・都市の雰囲気

パース

パース(Perth)は、西オーストラリア州の州都であり、パース・メトロポリタン・エリアの一部である。それは西オーストラリア州の首都であり、パース首都圏の一部です。トンのベンチャーがあるというよりは、この街は観光地として有名です。それはのんびりとした街で、私はそれが大好きです。しかし、メルボルンで提供されているような多くの店舗やサービスが不足しています。その結果、ここに住むには不便なこともあります。

パースに近いロットネスト島。素敵なビーチがあり、クオッカと呼ばれる小さくて人懐っこい哺乳類が生息していることで有名な観光地です。少し離れたところには、イルカと一緒に泳げるロッキンガムがあります。

メルボルン

メルボルンはオーストラリアの首都であり、最大の都市でもあります。また、総人口はパースの2倍以上である。オーストラリア南東部のビクトリア州に属しています。メルボルンは、通常、多くの外国人や地元の人が仕事の機会を探して最初に立ち寄る場所です。メルボルンの街並みはとても都会的で賑やかです。あまりにも人が多いのが苦手なので、あまり好きではありません。しかし、ここはサービスの量が多いので、アパートから出たくない人にはとても便利です。

メルボルンは自然の魅力よりも、お店やカフェが多いことで知られています。しかし、多様な野生動物が生息することで有名なフィリップス島へは一本で行くことができます。街の中心部に近いものがいいという方は、セントキルダビーチで他の観光客と一緒に楽しい夏休みを過ごすことができます。 

気候

オーストラリアの気候は奇妙なものですが、それはその大きさのせいに過ぎません。一つの都市の季節が他の都市と同じではないのが普通です。例えば、メルボルンは日本と同じように四季があります。しかし、雪はありません。その代わり、秋には大雨が降ります。パースは冬に雨が多い。もう一つ不思議なのは、両都市とも冬以外は寒いのですが、それは季節の日付が違うからかもしれません。ここは南半球ですからね。

パースは夏の間ずっと晴れの日が続きます。メルボルンは毎日気温が変わります。メルボルンでもお昼と午後の気温差が大きいのがいいですね。つまり、暑さは数時間しか続きません。どちらの都市も一年中快適に過ごせますが、極端に暑い日もあれば寒い日もあります。

各都市から期待される人のタイプ

パース

前述したように、パースは都市でありながら田舎の雰囲気があります。それは中央ビジネス地区(CBD)のことでもあります。最新のトレンドになると更新されません。オンラインショッピングも、在庫が他の都市から持ってこなければならないので難しい。海外からの場合は、到着してからメルボルンで倉庫に保管しなければならないのが普通です。

一方で、メルボルンの人々はそんなワクワク感を求めていません。スローライフ」が当たり前のようです。人々は仕事や流行を追い求めるよりも、家族との時間を大切にしています。贅沢な生活も誰の頭の中にもありません。誰もが様々なことにお金を使うよりも、効率的に生きることを求められています。

メルボルン

メルボルンにはいろんなものが引っ越してきているんですね。夜になっても、アパートに居ながらにして、みんなの忙しさを感じることができます。交通量が減ることもなく、楽になることもありません。寝る前に怒号が鳴ったり、エンジンが走っている音が聞こえてきます。しかし、それはまた、最も文化的に多様な都市でもあります。生活の中で新しいことを体験したい人は、数ブロック以内にある店からそれを得ることができます。日々の生活を豊かにしたい人にはおすすめです。

人との出会い

もしあなたが新しい友達を作るのが好きなタイプなら、メルボルンに行くべきです。多くの留学生や会社員がそこの学校や会社に通っていて、VISAからワーキングホリデーの恩恵を受けています。また、出会いの場として知られている場所も多くあります。

一方で、パースでは人は自分のビジネスに気を遣う傾向があります。見知らぬ人と話すことは歓迎されますが、それは一般的な習慣ではありません。通常、人々は一人ではなく、友人や家族と一緒に歩き回っています。言うまでもなく、パースは内向的な人には最適な街です。

求人情報

パース

都市であるパースには求人がたくさんありますが、その中での競争率は低いです。つまり、メルボルンに比べて雇用も低いということです。パースではどの企業も新入社員の最低賃金を提示しており、新卒者には最適のように思えます。ここで「そう見える」と言っているのは、先に述べたように、企業は従業員を増やすために競争しているわけではないからです。つまり、企業は候補者を選ぶ際に、より目の肥えた人材を選ぶことができるということです。もしあなたが良いポートフォリオを持っていなかったり、長い経験を持っていなかったりすると、おそらく挫折することになるでしょう。

メルボルン

人口の多さにもかかわらず、メルボルンはどの分野でも労働者の需要が高く、雇用レベルや職場での経験も豊富です。しかし、多くの企業はオーストラリアの最低賃金を遵守していません。求人数の多さは魅力的に聞こえますが、それがメルボルンがより多くの移民や地元の人を惹きつけ続けている理由です。もしあなたがエントリーレベルの仕事に応募するのであれば、小規模な会社から始めた方が良いでしょう。あらゆる業界の大企業に比べて、給与が良く、働きやすい環境が整っている傾向にあります。

結論

パース

パースは、カントリーサイドにあるべきあらゆる面で非常にリラックスしていて、私はそれが大好きです。しかし、一人暮らしをしていると居心地が悪くなります。地元の起業家が提供しているサービスではないので、食料品の買い物や車の運転が必要になってきます。でも、それには需要がない。家族間や同居人との共同生活では、仕事の分担をしているだけです。お気に入りの雑誌が自分の住んでいる地域に届かないことに気づくと、もどかしい気持ちになりますよね。パースではそう感じていて、それが定期購読を解約しなければならなかった理由です。

メルボルンでの仕事と、彼らが提供するすべての便利なものを捨てました。しかし、私は移動することを決定したことを全く後悔していません。パースには、私が純粋に憧れている生活、それは静かな都会のライフスタイルを提供してくれます。メルボルンで十分な経験をしたので、それを生かしてパースで良い仕事をしています。今では、ここの家族とは子供の頃からの近所付き合いのように仲良くできています。言うまでもなく、この決断に満足しています。

メルボルン

メルボルンは仕事をするのが楽しい街でした。オーストラリアに移住して最初に落ち着いた街です。先ほども言いましたが、仕事は簡単に手に入りますし、たくさんのお店があるので、いろいろな体験ができます。ただ、混雑しているところは苦手です。街は休むことがありません。何時になっても電車は満員で、美味しいレストランに並ぶのも一苦労です。

以上のようなことを言いましたが、私は本当にメルボルンにはあまり厳しくはできません。自分のペースで動ける人はここに住んでいても楽しいです。社交の場にいる見知らぬ人たちはいつも親切だし、楽しいアクティビティを共有してくれます。街をローミングするのも楽しいし、住んでいる限り、旅した全てのブロックを記憶しているわけではないので。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *